徳島県農業会議/農業雇用改善事業「農の労務管理ガイド」
お問い合わせはこちらまで→徳島県農業会議
雇用環境の改善で優れた農業人材の確保を!サイトマップ
徳島
HOME

農業雇用改善推進事業の実施

全国農業会議所は、農業での新規就業者の増加と定着を図るため、厚生労働省の助成を受けて、平成21年度より「農業雇用改善推進事業」を実施していますが、徳島県農業会議では、実施主体の地方機関として、平成23年度よりこの事業に取り組んでいます。
この事業では、農業法人などへ雇用や労務管理に関する情報の提供、相談・助言などを行い、「安全・安心な職場環境」づくりに向けた取り組みを行っています。

近年の不景気やマスコミによる農業ブームを背景に、若い世代を中心とした農業への求職者や雇用就農者は確実に増えており、農業法人などは就職先の一つとして認知されるようになってきました。
しかしその一方で、就職してもすぐに離職してしまう雇用のミスマッチも多くなっています。
「仕事がきつい」「想像していたものと違う」など就業者側の都合によることが多いのは確かですが、就業条件や給与がその引き金になっている例も多くあります。

農業法人等が今後さらに成長し、経営発展をしていくためには、優れた人材の確保が不可欠であり、新規就業者の定着はその第一歩となります。
このためには、農業法人経営者等が自ら意識改革を図り、就業環境の改善に取り組むことが何より大切です。

徳島県農業会議では、農業内部における就業環境の整備を促進するため、右のような取り組みを行っています。(右表参照→)

徳島県農業会議の取り組み

●連絡会議の開催

連絡会議有識者や関係機関などからなる検討委員を中心に、現状の問題点や連携体制、事業の方向性を検討しています。

●雇用情報の収集・提供

月刊かわらばん全国農業会議所が作成する「月刊かわらばん」を配布する等により、農業法人などへ雇用・労務管理の情報を周知しています。

●研修会の開催

研修会農業法人経営者等を対象に、雇用や労務管理に関する研修会を開催しています。

●雇用・就業状況の実態調査の実施

農業法人等を対象に就業状況の実態調査や現地調査を行っています。

●モデル相談活動の実施

モデル経営体を選定し、顧問社会保険労務士などの専門家による就業環境の改善に向けた現地指導・相談活動を実施しています。

●巡回相談説明会の開催

顧問社会保険労務士や農業雇用改善アドバイザーにより、巡回相談説明会を実施しています。
▲ページの先頭へ