徳島県農業会議/農業雇用改善事業「農の労務管理ガイド」
お問い合わせはこちらまで→徳島県農業会議
雇用環境の改善で優れた農業人材の確保を!サイトマップ
徳島
HOME > 従業員の雇用

従業員の雇用について

従業員の雇用形態をみると、正規の雇用形態と非正規の雇用形態があります。法的な定義はありませんが、一般に前者を正社員、後者を非正社員と呼んでいます。

正社員と非正社員

一般的に、正社員とは「期間の定めのない労働契約を締結している労働者」をいい、長期雇用を前提に社員教育と人事異動を通してキャリア形成させていく労働者です。

非正社員は、「期間の定めのある労働契約を締結している労働者」で、その雇用の形態から、パートタイム労働者、アルバイト労働者などがあります。

●パートタイム労働者

法律上の明確な定義はなされていませんが、一般的には非正規の雇用者で、正社員と比較して短時間労働をしている労働者のことで、アルバイトと言われる者との明確な区別はありません。

総務省の労働力調査の定義では「週就業時間が35時間未満の労働者」、厚生労働省の毎月勤労統計調査での定義では「1日の所定労働時間、又は1週の所定労働日数が当該事業所の一般労働者よりも短い従業員」、パート労働法の定義では、1週間の所定労働時間が正社員よりも短いもの、又は正社員と1日の所定労働時間が同じでも1週の所定労働日数が少ない者」となっています。

●アルバイト労働者

パートタイム労働者と比較して勤務が不規則または不定期で、繁忙期のみや所定時間外、深夜労働等、一般労働者の補填として雇用されることも多い。学生・フリーター等を中心とする期間雇用者などです。

面接の方法

農業法人等に対するアンケート調査結果から、従業員を採用する場合の選考方法を尋ねると、8割近くが「書類選考」と「面接」による方法で決めています。面接で重要なことは、キチッと「聞くべきこと」と「話さなければならないこと」を整理しておきます。

面接に際して、特に次のことが重要です。

※採用面接の時にしてはいけない質問事項

面接は、本人の人柄や仕事への意欲などを確認する上でなくてはならない大事なものですが、本人の能力と無関係な事柄や、セクハラまがいの質問は絶対にしてはいけません。

  1. 本人に責任のない事項
    例 ・・・・・ 本籍・出生地に関すること
    家族に関すること(職業、地位、収入、資産など)
  2. 本来自由であるべき事項
    例 ・・・・・ 宗教に関すること
    支持政党に関すること
    労働組合、学生運動等の社会運動に関すること
    男女雇用機会均等法に抵触すること(交際している異性のこと、結婚のこと)
▲ページの先頭へ