徳島県農業会議/農業雇用改善事業「農の労務管理ガイド」
お問い合わせはこちらまで→徳島県農業会議
雇用環境の改善で優れた農業人材の確保を!サイトマップ
徳島
HOME > 農の労務管理ポイント > 労働条件に関する基準 > 法定3帳簿とは

農の労務管理ポイント
 /労働条件に関する基準

法定3帳簿とは

従業員を管理するうえで、必ず整備しなければならない記録はいくつかありますが、その中には、書類として法律で備え付けが義務付けられているものもあります。使用者が必ず整備しておかなければならない従業員に関する書類は次のとおりです。

1.労働者名簿(労基法107条)

労働者名簿は労働者の数に関係なく、日雇いの労働者を除き、全ての労働者について作成しなければなりません。パートタイマーやアルバイトは免除されていませんので、日雇労働者以外の全ての労働者についても労働者名簿を作成する必要があります。
また、労働者名簿の記載内容(住所や氏名等)に変更があった場合は遅滞なく、変更する必要があります。

なお、労働者名簿は労働基準法で作成が義務付けられていますので、労働者名簿がなかったり、記載内容に不備があると、労働基準監督署の是正勧告の対象になることがありますので、注意が必要です。
労働者名簿は従業員退職後も3年間の保存義務があります。
記載しなければならない事項は、次のとおりです。

  1. 労働者の氏名
  2. 生年月日
  3. 履歴
  4. 性別
  5. 住所
  6. 従事する業務の内容
    (労働者の数が30人未満の場合は記載しなくても構いません)
  7. 雇い入れの採用の年月日
  8. 退職(解雇)の年月日とその理由
  9. 死亡の年月日とその原因

労働者名簿の記載例です

2.賃金台帳(労基法108条)

労働者名簿と異なり、賃金台帳に関しては、パートタイマーやアルバイトはもちろん、日雇いの労働者についても作成する必要があります。全ての労働者について作成する義務があります。
なお、賃金台帳は労働基準法で作成が義務付けられていますので、賃金台帳がなかったり、記載内容に不備があると労働基準監督署の是正勧告の対象になることがありますので、注意が必要です。
保存期間は3年間です。記載する事項は次のとおりです。

  1. 氏名
  2. 性別
  3. 賃金計算期間
  4. 労働日数
  5. 労働時間数
  6. 時間外労働、休日労働、深夜労働の時間数
  7. 基本給、手当その他賃金の種類毎にその額
  8. 賃金の一部を控除した場合はその額

賃金台帳の記載例です

3.出勤簿(労基法109条)

賃金計算のためには労働日数、労働時間数、時間外労働時間数、深夜労働時間数など、各自の出勤状況が確認できるものが必要となります。このため出勤簿を備えつけて労働時間等を記録します。
出勤簿は出退勤管理のための書類ですので、タイムカードでもかまいませんが、使用者には労働時間の管理義務がありますので、出勤簿、タイムカードは、始業と終業の記載など、労働時間数を正確に反映したものとする必要があります。

出勤簿の記載例です

▲ページの先頭へ