徳島県農業会議/農業雇用改善事業「農の労務管理ガイド」
お問い合わせはこちらまで→徳島県農業会議
雇用環境の改善で優れた農業人材の確保を!サイトマップ
徳島
HOME > 農の労務管理ポイント > 6次産業化(生産・販売・加工)に取り組む場合の労務管理のポイント

農の労務管理ポイント

6次産業化(生産・加工・販売)に取り組む場合の労務管理のポイント

近年、農業労働力を雇用し、生産部門に加えて、加工や販売等による経営の多角化、販路の開拓、付加価値の向上など、農業の6次産業化に取り組む農業法人等が増加しつつあります。

「農業労務管理のポイント」の「労働条件に関する基準」の頁で述べたように、農業に関しては、天候等の自然条件に左右されやすいことを理由に、労働基準法で定める労働時間等の一部の規定の適用が除外されておりますが、農産加工等を行うなど事業場の実態によっては、労働時間等の規定が適用される場合があります。

夢を持って農業分野で働く優秀な人材を確保していくためには、他産業の労働者と遜色のない労働条件を確保していくことが重要であり、労働基準法についても確実に遵守するよう体制を整えていく必要があります。

農業が魅力ある産業として発展していくために、改めて、労働条件の点検及び改善が必要です。

農業に対する労働基準法の適用について

就業規則の作成(変更)・届出

よくある質問

参考

▲ページの先頭へ