徳島県農業会議/農業雇用改善事業「農の労務管理ガイド」
お問い合わせはこちらまで→徳島県農業会議
雇用環境の改善で優れた農業人材の確保を!サイトマップ
徳島
HOME > 農の労務管理ポイント > 労働保険・社会保険

農の労務管理ポイント

労働保険・社会保険について

公的保険には、労働保険(労災保険・雇用保険)と社会保険(医療保険・年金保険)があり、労働者数や事業形態(個人事業、法人事業)で適用要件が異なります。  
また、パートタイマーについても労働時間等によっては加入する必要があります。

●労働保険

■労災保険

労働者の業務上の事由又は通勤による労働者の傷病等に対して必要な保険給付を行い、あわせて被災労働者の社会復帰の促進等の事業を行う制度です。

労働者が業務上負傷した場合、使用者は療養に必要な費用を補償する義務がありますが、労災保険により補償が受けられる場合は、使用者は補償する必要はありません。

■雇用保険

労働者が失業した場合等に、労働者の生活や雇用の安定を図るとともに、再就職を促進するため必要な給付等を行う制度です。

  労災保険 雇用保険
事業
形態
・個人事業所
(労働者常時
 5人未満)
・法人事業所
・個人事業所
(労働者常時
 5人以上)
・個人事業所
(労働者常時
 5人未満)
・法人事業所
・個人事業所
(労働者常時
 5人以上)
適用 任意加入(※1) 強制加入 任意加入 強制加入
保険料
の負担
事業主 事業主と労働者の双方で負担

※1 一定の危険又は有害な作業を主として行う事業であって常時労働者を使用するもの及び事業主が特別加入(※2)している事業は強制加入。
※2 特別加入とは、労働者ではないが、労働者に準じて保護することが適当であると認められる一定の者(中小事業主等)に対して労災保険への加入を認める制度。

徳島県農業機械等安全推進協議会労働保険事務組合

●社会保険

■医療保険

生活の安定と福祉の向上を図るため、疾病、傷害等の費用負担を軽減するための制度です。

■年金保険

生活の安定と福祉の向上を図るため、老齢、障害等について保険給付を行う制度です。

  医療保険 年金保険
保険の
種類
国民健康保険 健康保険 国民年金 厚生年金
適用 ・個人事業所 ・法人事業所
・個人事業所 ※
・個人事業所 ・法人事業所
・個人事業所 ※
保険料
の負担
労働者の自己負担 事業主と労働者の双方で負担 労働者の自己負担 事業主と労働者の双方で負担

※ 事業所で使用される者の2分の1以上の同意及び厚生労働大臣の認可があれば適用。

●パートタイマーなど短時間労働者の保険加入

パートタイマー、アルバイトなどの呼称にかかわりなく、以下の表の加入要件を満たす場合は保険に加入する必要があります。

保険の種類 加入要件
労災保険 労働時間にかかわりなく加入
雇用保険 週の所定労働時間が20時間以上で、かつ、31日以上雇用の見込みがある場合は加入
健康保険 @1日又は1週間の所定労働時間及び、A1ケ月の所定労働日数が、その事業所で同種の業務に従事する一般の労働者の3/4以上ある場合は加入
厚生年金保険 @1日又は1週間の所定矧動時間及び、A1ケ月の所定労働日数が、その事業所で同種の業務に従事する一般の労動者の3/4以上ある場合は加入
▲ページの先頭へ